ユーモア・スケッチ

読書

ユーモア・スケッチ

ゆーもあすけっち

かつての、アメリカジャズ・エイジの「ニューヨーカー」の全盛期などに、特に流行した、エッセイや短編小説などで、アメリカ伝統の「ほら話」(トール・テール)的な人を食ったユーモア、発想を基点とし、「生真面目で洗練された文体」で、物語がナンセンスに暴走するもの。

あきらかに、前提が間違っているのに、作者がそれに気づかないふりをして、物語が進行していくもの。「物語でない」事物を無理やり物語仕立てにするもの。ナンセンスなハウツー物。などがある。

戦前の「新青年」などにも、盛んに翻訳された。


翻訳家浅倉久志が、日本で独自に命名した名前で、浅倉は長期に渡りこの種の作品を「ミステリマガジン」に不定期に翻訳、連載し、後に単行本にまとめられた。

主な作家は、ロバート・ベンチリー、スティーヴン・リーコック?、フランク・サリヴァン?コーリィ・フォードジェイムズ・サーバー、ドナルド・オグデン・ステュアート?リング・ラードナーアート・バックウォルドなど。

日本では、徳川夢声ユーモア・エッセイや、小林信彦の「パパは神様じゃない」、「笑う哲学者土屋賢二のエッセイやなどが「ユーモア・スケッチ」的。

ジェローム・K・ジェローム「ボートの三人男?」や、カレル・チャペック「園芸家十二ヶ月」などもテイストが近い。


刊行本(浅倉久志・編訳)

ドナルド・オグデン・ステュアート?「ハドック夫妻のパリ見物」(早川文庫 78年刊行)

ユーモア・スケッチ傑作展」1〜3(早川書房 78年〜83年刊行)

エンサイクロペディア国の恋」「忘れられたバッハ」(早川文庫 91年刊行) 上記本の文庫化時のセレクション版

「すべてはイブからはじまった―ユーモア・スケッチブック」(早川書房 91年刊行)

コーリィ・フォード「わたしを見かけませんでしたか?」(早川書房 97年刊行 2004年に文庫化