スマートフォン用の表示で見る

ユーロトンネル

地理

ユーロトンネル

ゆーろとんねる

ドーバー海峡の下をくぐり、イギリスフランスを鉄路で結ぶ海底トンネル。全長は約50キロメートル。

このトンネルの構想はナポレオンの時代からあり、以来百数十年にわたって計画されては頓挫を繰り返してきたが、ついに1986年に着工にこぎつけ、1990年には貫通、1994年から運用が開始された。

実はこのトンネル、邦銀がシンジケートローンを組んでいたが運営会社の経営不振のため多額の損失を出したことでも知られている。