読書

ユイ

ゆい

川原礫の小説『ソードアート・オンライン』の登場人物。アニメでの担当声優伊藤かな恵

VRMMORPG《ソードアート・オンライン》で、キリトアスナが新婚生活を送っていた《アインクラッド》第22層の森に倒れていた幼い少女。

その正体は《SAO》に存在していた、プレイヤーの精神的ケアを司るカウンセリングAI

名前以外の記憶を失っていたが、自身を保護してくれたキリトアスナを「パパ」「ママ」と呼んで慕うようになる。ダンジョン内に設置されていたGM用コンソールに触れたことで記憶を取り戻し、GM権限を行使してキリト達の窮地を救う。その結果システムから消去されそうになるが、キリトがシステムをクラッキング、ユイのデータを彼の《ナーヴギア》のローカルメモリに保存した。

フェアリィ・ダンス編では、現実世界に戻らないアスナを救うべく、キリトエギルの情報を元にVRMMORPG《アルヴヘイム・オンライン》にダイブする。《ALO》は《SAO》のシステムを流用して制作されたゲームであったため、ユイはキリトの《ナーヴギア》に残されていたセーブデータから《ALO》のナビゲーション・ピクシーとして復活することとなる。以降、キリトの冒険の手助けをすることになるが、リーファからはその存在を不思議がられていた。