スマートフォン用の表示で見る

ユウレイタケ

動植物

ユウレイタケ

ゆうれいたけ

ギンリョウソウ」の別名。落ち葉などがたまり、やや湿った山中の日陰地に生える腐生植物。


生息地:全国各地に分布し、千島列島樺太朝鮮半島中国台湾などにもみられる。

特徴:花が下を向き、うろこ状の葉に包まれた全体の姿を、首を持ち上げた銀色の竜に見立てたのが、名の由来とされる。4〜8月、茎が花を持ち上げながら、高さ8〜20センチまで伸びる。全体が白色で、葉は薄いため半分透けたようにみえる。その姿が薄暗い林の中で目をひき、幽霊のようなキノコを思わせることから、ユウレイタケと呼ばれる。