スマートフォン用の表示で見る

ユキモチソウ

動植物

ユキモチソウ

ゆきもちそう

学名Arisaema sikokianum

サトイモ科に属する多年草マムシグサウラシマソウと同じテンナンショウ属であり、それらと似た花をつける。仏炎苞(花を包み覆う、一見花びらのように見える部分)の中にある付属体の先端が雪のように白く、餅のように膨れていることが和名の由来である。

花言葉:苦難の中での力


関連語 :植物