一般

ユグドラシル

ゆぐどらしる

Yggdrasil

北欧神話に出てくる世界樹のこと。

この世界はトネリコの大樹(ユグドラシル)が支えていた。 枝は天を支え、根は三本にわかれ、一本はニフルヘイムの泉を湧かしているが、ここにはニーズヘッグなる竜が住みこの根を食い荒らしている。

一本はヨツンヘイムに延びる。 最後の一本はアスガルドに延び泉を湧かしている。


関連語:北欧神話 世界樹