ユジノサハリンスク

地理

ユジノサハリンスク

ゆじのさはりんすく

Южно-Сахалинск

ロシア極東、サハリン州州都サハリン島の南端近くに位置する。人口約18万。

日本統治時代は豊原と呼ばれ、樺太庁の所在地だった。

札幌および函館との間にサハリン航空による定期航空路がある。日本総領事館も置かれている。