スマートフォン用の表示で見る

ユッケ

ユッケ

ゆっけ

朝鮮料理の一種。ハングル表記だと「육회」

肉(ハングルでユック)と膾(ハングルでフェ)が連音化し、ユッケと発音される。

生の細切り牛肉をごま油、塩、生姜、にんにく、コチジャン等で和え、中央に卵黄をのせて作る。

遊牧民族であるタタール民族(韃靼)とモンゴル民族により広がった生肉食文化が、アジアではユッケとして、ヨーロッパではタルタルステーキとして広がったと云われている。

生食用食肉の安全性について

日本では、2011年に起きた焼き肉チェーン店での集団食中毒事件を受けて、食品衛生法上の規格基準の格上げが行われている。たとえば、厚生労働省審議会により、牛の生肉を提供する場合は、従来の「トリミング」作業だけでは十分でないとし、「肉の表面を表面から1cm以上の深さまで、セ氏60度で2分以上加熱する」ことを義務付ける規制案を提示した。レバ刺しなど牛の生レバー提供については、厚生労働省により2012年7月1日から提供が禁止された。

リスト::韓国料理