スマートフォン用の表示で見る

ユニコーン企業

一般

ユニコーン企業

ゆにこーんきぎょう

ユニコーン企業とは、企業としての評価額が10億ドル以上で、非上場ベンチャー企業

概要

ベンチャーキャピタルの一つである、米カウボーイ・ベンチャーズ創業者が使い始めたといわれている。

ユニコーン(Unicorn)は、額に一本の角が生えた伝説の生き物であり、ユニコーン企業は、ベンチャーキャピタルを始めとする投資家から、ユニコーンのように稀で、巨額の利益をもたらす可能性のある企業として注目されている。

現状

2015年1月に米フォーチュン誌が公開したリストによると、ユニコーン企業は、80社以上存在し、フェイスブック社やツイッター社のようなSNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を営む企業だけではない。同誌で取り上げられている代表的な企業には、中国のシャオミ(小米科技・Xiaomi)、米国のウーバー(Uber)、エアビーアンドビー(Airbnb)、 ピンタレスト(Pinterest)、ドロップボックス(Dropbox)などがある。

背景

これまで、新興企業がまとまった事業資金を調達するには、IPOが一般的な手段とされた。ところが、米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和マネー流入で投資家からお金が集めやすくなると、手続きの手間や費用がかかる上場を避ける経営者も増えたからだとされる。