スマートフォン用の表示で見る

ユリア100式

マンガ

ユリア100式

ゆりあひゃくしき

原作・原田重光、作画・萩尾ノブトによる漫画。

ヤングアニマル白泉社)にて連載された。単行本全12巻。

概略

秋葉歩博士によって作られた汎用人型ダッチワイフであるユリア100式(B88W52H86)とごく普通の大学生である久保瞬介が繰り広げるお話。

「ダッチワイフであるユリア100式は最初に挿入されたペニスをインプリンティングしその男の一生の性の奴隷になるのだ!」秋葉博士にインプリンティングされるのを拒んだユリアは逃げ出し、犬専用になりそうなところを瞬介に助けられそのまま同居生活が始まる。

毎回、本能的にユリアが瞬介にエッチなことをしようとするが、瞬介がかなり危険な技(プロレス技など)でユリアを止めるため本番は阻止されている。そのため毎回寸止めで終わる。我慢することの難しさを学ぶことのできる漫画である。

登場人物

  • ユリア100式:通称ユリア。秋葉博士のつくった汎用人型ダッチワイフ。瞬介の部屋に住んでいるが、可愛い妹くらいにしか思われていない。頑丈。
  • 久保瞬介:ユリアと暮らす大学生。強い。
  • 秋葉歩:ユリアやジュリアをつくった博士。ただの変態にしか見えないが。ユリア達をつくれるだけあって頭が良い・・はず。
  • ユリア105式:通称ジュリア。秋葉博士のつくった汎用人型ダッチワイフ。瞬介からすればただの痴女。
  • まりあ:瞬介の許婚。
  • 良夫君:ドール愛好家。高校2年生という年齢的な問題もありユリアシリーズの犠牲(恩恵?)にはなっていない。