ユル・ブリナー

映画

ユル・ブリナー

ゆるぶりなー

Yul Brynner

アメリカ映画俳優

 ユル・ブリンナーとも表記される。

 1920年7月11日、ロシアのヴラディヴォストーク生まれ。スイスモンゴルの血を引く父親と、ユダヤロシア人の母親の間に生まれた。

 中国フランスで育ち、1941年にアメリカに移住。

 『王様と私』のシャム王役はあたり役で、1952年にはロジャース&ハマースタインのミュージカルでトニー賞を、1956年には映画版に主演してアカデミー主演男優賞を受賞した。

 これ以後、髪をすべて剃り落とし、スキンヘッドトレードマークとなる。

 1985年10月10日没。

主な映画出演作:

十戒(1956)

追想(1956)

王様と私(1956)

カラマゾフの兄弟 (1957)

ソロモンシバの女王 (1959)

荒野の七人? (1960)

隊長ブーリバ (1962)

あしやからの飛行 (1964)

続・荒野の七人 (1966)

黄金線上の男 (1969)

ネレトバの戦い (1969)

ウエストワールド(1973)

エスピオナージ (1973)

未来世界 (1976)