スマートフォン用の表示で見る

ヨーク朝

社会

ヨーク朝

よーくちょう

York

イギリスというか、イングランド王国王朝の一。当時はランカスター朝の時代だったが、ランカスター家と激しく争い、イングランドは内乱の時代「薔薇戦争」を迎える。

ヨーク家自体は、エドワード3世(百年戦争を開始した王)の五男のエドマンドがヨーク公となったことで1385年に創設。

その後、エドマンドの孫に当たるリチャードが、ランカスター朝のヘンリー6世に王位請求を行ったことで薔薇戦争が開幕する(1455年)。

当のリチャードは1460年に戦死するが、翌年に長男のエドワード即位(エドワード4世)してヨーク朝が始まる。

1470年には一時ヘンリー6世が復位したり、翌年に殺されたり、といったイベントを挟みつつ、エドワード王の死後、わずか12歳の嫡子エドワードエドワード5世)が即位する。が、叔父リチャード(リチャード3世)による簒奪を受ける。

これに乗じてランカスター家最後の切り札ヘンリー・チューダーがフランスから帰還。1485年、ボズワースで行われた最終決戦でリチャードは斃れヨーク朝は断絶。

ヘンリー・チューダーはヘンリー7世として即位。ここで白紅の両薔薇の合同のためにエドワード4世の娘エリザベスを后として迎え、チューダー朝近世イングランドをリードしていくことになる。

歴代王

  1. エドワード4世:在位1461年〜1470年、1471年〜1483年*1
  2. エドワード5世:在位1483年*2
  3. リチャード3世:在位1483年〜1485年*3

*1ヨーク朝初代王。一時ヘンリー6世に位を奪われる。

*2エドワード4世の子。ロンドン塔に幽閉されて死去。詳細は「リチャード3世」等で熟知すべし

*3エドワード4世の弟。