ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ

読書

ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ

よーこかわしまわときんず

(Yoko Kawashima Watkins)

1933(昭和8)年、青森生まれる。生後六ヶ月で南満州鉄道(満鉄)に勤務する父に連れられ、家族で朝鮮北部の羅南(現在の北朝鮮咸鏡北道津市)に移住。1945(昭和20)年、敗戦最中に母、姉とともに羅南を脱出、朝鮮半島を縦断する決死の体験を経て、日本へと引き揚げた。帰国後、京都市内の女学校入学。働きながら学問に励み卒業すると、京都大学英文学を学ぶ。卒業後、米軍基地で通訳として勤務していたが、結婚し渡米。アメリカの子供たちに日本文化を伝える活動をしていた。

1986(昭和61)年に自身の体験を描いた初の著書である本書『So Far from the Bamboo Grove』を刊行。米国教育課程の副読本として採用され、多くの子供たちに親しまれている。1998(平成10)年にボストン図書館が最も推奨する児童文学者(Literary Lights for Children)に選ばれ、アメリカ平和団体・ピース・アビー(平和のための修道の家)より、ガンジーマザー・テレサダライ・ラマも受けたという「The Courage of ConscienceAward」をはじめ、数々の賞を受賞。

現在も、講演活動などで全米だけでなく世界各国をめぐる多忙な日々を送っている。他の著書として本書の続編にあたる『My Brother, My Sister, and I』がある。