スマートフォン用の表示で見る

ヨーゼフ・メンゲレ

アウシュビッツの主任医療士官。

数々の残虐な人体実験を行ったことで知られ、「死の天使」と呼ばれた。

ドイツ降伏直前に逃亡し、南米に逃れ、1979年に海水浴中に心臓発作で溺死するまであらゆる捜索の手から逃れ続けた。