スマートフォン用の表示で見る

ヨハネス・フェルメール

アート

ヨハネス・フェルメール

よはねすふぇるめーる

Johannes Vermeer

ヨハネス・フェルメール(1632年-1675年)は17世紀オランダフランドル派の画家。本名をヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト(Jan van der Meer van Delft)という。

旅館の経営をおこなう一方でデルフトの画家ギルドの幹部に名を列した。

その生涯について、ほとんどが謎に包まれており、作品の工程日数や制作記録、デッサンなども発見されていない。

代表作は『青いターバンの少女』(別名『北のモナリザ』)*1、『デルフトの眺望』、『絵画芸術』など。

画面を浸す落ち着いた光の中で、日常的行為があたかも静物のように捉えられ、日常生活の瑣末性を超えた存在となる作品を多く手掛けた彼は、現存作品は約35点とわずかだが、風俗画だけでなく宗教画神話画・寓意画・風景画を1、2点ずつ残しており、守備範囲はレンブラントに次いで広い。

技巧に関しても光の反射を効果的に表すために、彼は白い点を並べてハイライトとする独自の技法を工夫した。これは写真装置の原型であるカメラ・オブスキュラの像面にあらわれるフレアーとよばれる光学現象を忠実に描写したためといわれる。肖像画の構図に人物を画面の中心にすえる傾向があるが、これも彼の所持したカメラ・オブスキュラ*2のレンズの性能に由来すると考えられている。

寡作のためか死後まもなく忘れられたが、19世紀後半、その「近代性」が注目を集め、17世紀最大の画家のうちに数えられるようになった。

ダリ(サルバドール・ダリ)は生前、あるインタビューで「あと10分で世界が滅亡する。一点だけ絵画を救うことが許されるとしたら、あなたは誰の作品を救うか」との質問に一言「フェルメール」と答えている。

*1アドルフ・ヒトラーが一時期所蔵していた事でも知られている

*2ピンホールカメラの原型