スマートフォン用の表示で見る

ヨブ記

読書

ヨブ記

よぶき

旧約聖書に収録。

ヤハウェが、サタンにそそのかされて人間ヨブを試すという話。

神と人間のあいだをとりもつ存在がほのめかされ、のちのキリスト誕生を予言しているとする説もある。

文学的評価も高い。ノルウェー記者クラブによる世界文学百選にも名前がある。

内村鑑三(「ヨブ記講演」)、C・G・ユング(『ヨブへの答え』)、キルケゴール(『反復』)、吉本隆明(『ほんとうの考え、うその考え』)などをはじめとして、キリスト者に限らず多くの思想家が言及している。

「約百記」と表記されることも。