ヨルク・ブット

Hans-Jörg Butt

ドイツのサッカー選手。ゴールキーパー

1974年5月28日 191cm、91kg

ハンブルガーSVで、PKを蹴るGKとして注目(99-00シーズンには9得点)され、01-02シーズンから現在の所属チームバイヤー・レヴァークーゼンに移籍した。移籍した初年度のシーズンには、ネバークーゼンと揶揄される、チャンピオンズリーグブンデスリーガドイツカップ準優勝の成績を正GKとしてあげた。

ドイツ代表としての活躍は少なく、出場は3試合のみ。2000年UEFA欧州選手権、2002年FIFAワールドカップでは第三GKとしてリストに名を連ねたが、2004年ワールドカップでは若手のティモ・ヒルデブラントにその座を奪われ、代表に名を連ねることはできなかった。しかしながら、現在、ドイツブンデスリーガを代表するGKであることは変わりない。