スマートフォン用の表示で見る

ライダーマン

マンガ

ライダーマン

らいだーまん

仮面ライダーV3に登場したキャラクター。またの名を結城丈二。

秘密結社デストロン幹部候補の元・科学者だったが、幹部ヨロイ元帥の嫉妬によって、裏切り者の濡れ衣を着せられ、処刑されそうになる。酸のプールで右腕を失うも、仲間の手によって救出。

逃げ延びた先で、その仲間の手により、当時彼が研究していた「アタッチメント」を、失った右腕の代わりに移植。その後ライダーマンを名乗り、ヨロイ元帥への復讐を誓う。

ライダーマン誕生からその後

あくまでヨロイ元帥への復讐が目的なので、その後はデストロン首領の誤解を解き、再びデストロンに入ることを最終目的としていたため、V3とは反目しあっていた。

V3との戦いや、その仲間達との触れ合いの中で、デストロンを正義の組織と信じていたが、今まで悪事に利用されていたことを知り、V3と共闘することになる。しかしかつて自分を救ってくれたデストロン首領への恩を忘れられず、V3がV3キックでとどめを刺すところをかばってしまう。その後、最終決戦の直前でデストロン首領に完全に捨てられたことを知り、かばったことに関して「馬鹿なやつ」と言われ、激怒した。

最期は、デストロンの「東京爆破計画」から人々を守るため、プルトン爆弾を積んだロケットに自ら搭乗し、安全な場所で爆弾を爆発させて空に消える。V3はこのとき彼に、仮面ライダー4号の名を与えた。

このお陰で彼は脇役ライダーの中で唯一、「劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」、「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」で歴代主役ライダー陣と並んで登場できるという特権も、4号の名と共に与えられた。

ライダーマン復活へ

しかし、仮面ライダーXの映画、「5人ライダー対キングダーク」では、タヒチからXのピンチを救いにやって来る。どうやって生き返ったのかはわからず、TV版仮面ライダーXの「特集」という5人ライダー全員集合回でも生き返っており、「死んだはずのライダーマン」と言われ、何事もなかったように笑顔で語られている。

生き返りまでのいきさつは一切語られていない。しかし、漫画、仮面ライダーSPIRITSでは、記憶を失った状態で生き延びていて、インターポールの「アンリエッタ・バーキン」との接触により、記憶を取り戻し、変身。

再び「ライダーマン」を名乗り、甦ったヨロイ元師と戦った。また、その場所がタヒチであることから、Xの映画で復活したいきさつとしてもつじつまが会う。おそらく史上最弱のライダーアギトのG3より弱いと思われる。

ライダーマンの特徴

実際「V3」の劇中において単独で怪人を倒した事が無い。戦闘力は「戦闘員以上、怪人未満」といった所。何故なら、強化スーツで強化しているとは言え、右腕以外は完全な生身。顔もヘルメットの形状により、下半分を露出している。変身(と言って良いかわからない)は、「ヤー!」との叫び声とともにヘルメットを被る事で自動的に行われる。

最大の特徴にして唯一の武器である「アタッチメント」。これは腕ごと交換するタイプの武装である。「ロープアーム」「パワーアーム」「ネットアーム」「ドリルアーム(但し充電式)」などが劇中で使用された。

仮面ライダーSPIRITでは準備稿設定止まりだった「マシンガンアーム」も使用。パワーアーム、ドリルアームを使い、ヨロイ元師の体の一点を集中して攻撃。

ヨロイ一族であるヨロイ元師の固い鎧の一点にダメージを与え、その脆い部分にマシンガンアームを打ち込むという戦法で宿敵を倒した。また、前述の通り映画Xの少し前の出来事とするなら、これがライダーマンが単独で倒したはじめての相手かも知れない。TVでこのような活躍が見たかったものである。

いずれも交換に3秒かかってしまうのが欠点。また、必殺技がない。「○○アーム!」といって敵を攻撃はするが。