ライト・パターソン空軍基地

地理

ライト・パターソン空軍基地

らいとぱたーそんくうぐんきち

(Wright-Patterson Air Force Base)

アメリカ合衆国オハイオ州に位置するアメリカ空軍の基地である。基地の名はライト兄弟(現在は基地の敷地であるハフマンプレーリー内で飛行活動を行った)とフランク・スチュアート・パターソン(NCRの共同創設者の親族であり、1918年に航空機事故で死亡した)にちなんで名付けられた。

ライト・パターソン空軍基地には米空軍資材コマンド(空軍直属部隊のひとつ)の本部がある。通称「Wright-Patt」と呼ばれるこの基地には、米空軍医療センター(病院)、空軍工科大学、国立アメリカ空軍博物館が位置している。