スマートフォン用の表示で見る

ライノタイプ

一般

ライノタイプ

らいのたいぷ

【Linotype】活字自動鋳植機の一種。欧文の活版に使用された。1字ずつでなく、1行分をまとめて鋳造するのが特徴。新聞や雑誌など1行の長さが比較的短く、差しかえや訂正の少ない組版に使用された。キーボードを打鍵する事によって、活字母を並べてそれを鋳型とし、それに溶けた鉛を流し込んで、新聞などの印刷版型を作成する装置で、単語や空白から成る横一行を丸ごと活字にする事が出来る。かつては印刷所などにあった。