スマートフォン用の表示で見る

ライフゲーム

ライフゲーム1970年イギリス数学者ジョン・ホートン・コンウェイ(John Horton Conway)によって考案された生命の誕生、進化、淘汰などのプロセスを再現したゲームである。生物集団においては、過疎でも過密でも個体の生存に適さないという個体群生態学的な側面を背景に持つ。セル・オートマトンのもっともよく知られた例でもある。 ライフゲーム - Wikipedia

なお、「ライフゲーム」は和製英語であり、正しい英語では「life game」ではなく「(Conway's) game of life」という。

ルール

二次元に敷き詰められた正方形のセルがあり、各セルは「生きている」状態か「死んでいる」状態のどちらかの状態にある。あるセルについて、上下左右斜めに隣接する8つのセルを見て、「生きて」いるセルの数を調べる。現在セルが「生きて」いる状態の場合、隣接セルの生きているセルが2個か3個であれば次のステップでも生きる。現在セルが「死んで」いる状態ならば、隣接セルの生きているセルが3個の場合のみ次のステップで生きた状態に変化する。それ以外の全ての場合は死んだ状態となる。

典型的なパターン

ブロック
□□□□
□■■□
□■■□
□□□□

シグナル
□□□□□  □□□□□
□□■□□→□□□□□
□□■□□  □■■■□
□□■□□←□□□□□
□□□□□  □□□□□

関連書籍

ライフゲイムの宇宙

ライフゲイムの宇宙