スマートフォン用の表示で見る

ライブドア・ショック

社会

ライブドア・ショック

らいぶどあしょっく

強制捜査に関連して

  • この強制捜査報道を受けた翌17日、翌々日18日の東京市場は全面安となった。強制捜査の翌日の1月17日にはライブドア本体の粉飾決算疑惑も浮上した。そのため、1月18日は売りが売りを呼ぶ状況となり、市場には大量の売り注文が殺到、東京証券取引所のシステムの処理能力の限界である、約定450万件に近づいた。このため東京証券取引所は、終了20分前の午後2時40分に“全銘柄の取引停止”という、世界の主要取引所でも極めて異例の事態に追い込まれることになった。また、東京市場の影響を受け、海外市場も下落傾向となった。さらに、取引停止に追い込まれた東京証券取引所についても、システムの信頼性について不信感を与えることになった。

ライブドア株の下落のみを指す場合

  • 当初はライブドア関連株の株価下落のみを「ライブドア・ショック」と呼んだようであるが、市場への波及が大きかったため、「ライブドア・ショック」ということばは市場の混乱の方を指す使われ方が多くなった。
  • ライブドア関連株の下落を指す場合には、「ライブドア暴落」などと呼ぶようである。
ライブドア・ショック
目次