Windows7から導入されたエクスプローラの新機能の一つ。

別々のフォルダに分かれたファイルを一つの仮想フォルダーにまとめて表示することにより、散らばったファイルを一元管理することができる。

たとえば、フォルダAを共有フォルダ、フォルダBを自分専用フォルダとして、その二つのフォルダをライブラリAに登録すると、共有しているファイルと自分専用のファイルがあたかも一つのフォルダにあるかのように見える。

ライブラリAにファイルを作成した場合、ファイルを書き込むフォルダを設定された側に書くため、毎回どちらに書くかは指定できない。

Windows7では、標準で「ドキュメント」・「ピクチャ」・「ミュージック」・「ビデオ」の三つのライブラリがあり、自分で作成することもできる。