スマートフォン用の表示で見る

ライプツィヒの戦い

社会

ライプツィヒの戦い

らいぷつぃひのたたかい

Battle of Leipzig (英)

ドイツライプツィヒで起きた戦争。ナポレオン戦争における最大規模の戦闘。諸国民の戦いともいう。

日時:1813年10月16日〜10月19日

1813年戦役(ドイツ戦役、解放戦争)のクライマックス。

ナポレオン1世率いるフランス軍19万と、プロイセンロシア帝国オーストリア帝国スウェーデン連合軍36万が戦った。

兵力規模ではナポレオン戦争中の会戦でも最大。

ライヘンバッハ・プラン(トラッヘンベルク・プラン)による消耗戦略に巻き込まれたフランス軍は兵力を消耗し、ライプツィヒに移動。満を持した連合軍は30万を軽く超えるほどの戦力集中を行い、20万弱のフランス軍を攻撃。

連合軍の損害も大きかったが、最終的にフランス軍は約7万の損害を出して崩壊。以後、ナポレオンの最終的な打倒を目指して戦争の焦点はフランス国内へと移ることになる。