スマートフォン用の表示で見る

ライン渓谷中流上部

地理

ライン渓谷中流上部

らいんけいこくちゅうりゅうじょうぶ

(英名:Upper Middle Rhine Valley、仏名:Vallée du Haut-Rhin moyen)

2002年に登録されたドイツの世界遺産文化遺産)。ラインラント=プファルツ州ヘッセン州マインツからコブレンツ?まで、全長約65kmのライン川渓谷ライン川中世から物資輸送の重要な経路であった。その流域には人々が住み町を形成して、やがて城を建設した。中世には神聖ローマ帝国の中心として繁栄した。ラインシュタイン城?、ライヒェンシュタイン城?、ゾーンエック城?、シュタールエック城?、シェーンブルク城?ラインフェルス城、グーテンフェルツ城?、エーレンフェルツ城?など、今もその栄華を誇る城が建ち並び、古い町並み、聖堂修道院など、中世景観が残されている。歴史都市ザンクト・ゴアールの川幅が狭いところには、ハイネの詩に詠まれた「ローレライの岩?」がある。地理、歴史、文化、産業の複合的で貴重な景観であることが評価され、世界遺産に登録された。