ラウエ斑

サイエンス

ラウエ斑

らうえはん

単結晶にX線を照射し、回折像を撮影したときの写真にみられる黒い斑点群。物質の構造を分析する手法のひとつ。1912年にラウエが発見。