スマートフォン用の表示で見る

ラガービール

ラガービール

らがーびーる

低温で発酵する酵母(下面発酵酵母)を利用して造られるビールの総称。広義には、エールと並ぶビールの大きなカテゴリーのひとつ。

元々はドイツの山奥(バヴァリア地方)で作られていたローカルなビールだったが、19世紀になり発酵の研究と冷蔵技術が確立されると、瞬く間に全世界へと普及した。

ラガーとはドイツ語の「貯蔵する」という意味。バヴァリア醸造家たちは秋にビールを仕込み、翌年の春まで洞窟などの天然の冷蔵庫に貯蔵していた製法に由来する。