ラサール弦楽四重奏団

音楽

ラサール弦楽四重奏団

らさーるげんがくしじゅうそうだん

1946年に結成され、1987年に解散した室内楽団のこと。


第1ヴァイオリン担当のワルター・レヴィンによって結成され、寄贈されたアマティの楽器を用いて演奏した。

所属団員:ワルター・レヴィン(第1ヴァイオリン

アポステルヘンリー・メイヤー(第2ヴァイオリン

ピーター・カムニツァー(ヴィオラ)

ジャック・キルステイン(〜1980年、初代チェロ

リー・ファイザー(第2代チェロ

古典派やロマン派のような標準的な曲目もレパートリーに取り上げてはいたが、新ウィーン楽派シェーンベルクベルクウェーベルン、アポステル)以降の現代音楽をレパートリーに取り入れたことや、ジェルジ・リゲティから弦楽四重奏曲第2番を献呈され、同作を1969年12月14日にバーデンバーデンで初演した団体としても名高い。