ラサのポタラ宮歴史地区

地理

ラサのポタラ宮歴史地区

らさのぽたらきゅうれきしちく

(英名:Historic Ensemble of the Potala Palace, Lhasa、仏名:Ensemble historique du Palais du Potala, Lhassa)

1994年に登録、2000年、2001年に登録内容が変更された中国世界遺産文化遺産)。チベット自治区中央にあるラサ市は、吐蕃首都であった。吐蕃の時代に国教となった仏教が独自の進化を遂げ、チベット仏教の中心地となってきた。そのチベット仏教の総本山が、ラサ市内の標高3700mの紅山(マルポリ)の頂に築かれたポタラ宮である。ちなみに、マルポリは、吐蕃王朝を開いたソンツェン・ガンポ王が城を建てたと伝えられる場所である。

登録された構造物