ラジアルタイヤ

一般

ラジアルタイヤ

らじあるたいや

カーカスと呼ばれるタイヤの内部にある繊維層の構造が、タイヤの中心から放射状(ラジアル)に配置され、さらに円周面をベルトで締め付けている構造のタイヤを指す。

現在、殆どの乗用車のタイヤに採用されている。


タイヤ全体の変形も少なく発熱も少ないため、より安定したコンパウンドを使用可能となり、グリップの向上と耐磨耗性の向上が同時に得られるようになっている。

またタイヤの構造がシンプルになるためタイヤ自体の軽量化にもつながり、ロードホールディングの向上と乗り心地の向上も得られる。


欠点としては構造上タイヤ側面のサイドウォール部が非常に弱くなってるため、縁石などに掠ると損傷し易い事が挙げられる。

また製造過程において複雑な工程と多数の工作機械が必要などのコスト面における問題もあるため、現在においてもバイアスタイヤと併用されている。