ラスコリニコフ

読書

ラスコリニコフ

らすこりにこふ

 ドストエフスキーの小説「罪と罰」の主人公。РАСКЛЬНИКОВ。

愛称は「ロージャ」。貧乏学生。独自の天才理論を展開し、ナポレオンの様な英雄は殺人を免責されるかの様なことを語り、自らの老婆殺害を自己正当化しようとした。