ラスティ・スタウブ

スポーツ

ラスティ・スタウブ

らすてぃすたうぶ

Daniel Joseph (Rusty) Staub

70〜80年代のMLB選手。通称「Le Grand Orange*1

右投右打、ポジションは外野手背番号は10→6→10番。


1944年4月1日生まれ。米国ルイジアナ州出身。

1963年、ヒューストン・コルト45s?(現・ヒューストン・アストロズ)に入団。

1969年モントリオール・エクスポズに移籍。

1970年1971年と連続で90打点を記録。人望に優れ、多くのファンに愛された。


1972年ニューヨーク・メッツに移籍。

1977年デトロイト・タイガースに移籍。

1979年エクスポズに復帰。*2

1980年テキサス・レンジャーズに移籍。

1981年、メッツに復帰。

1985年現役引退

実働23年で通算2951試合に出場。2716安打、1466打点を記録。


1993年背番号10番がエクスポズ(現・ワシントン・ナショナルズ)の永久欠番となる。*3

*1米国南部産のオレンジ。丸顔に赤毛の容姿より命名。

*2:復帰時はアンドレ・ドーソンが10番を着用していたため禅譲し、空き番であった背番号6番を着用。

*3:後年、アンドレ・ドーソンが引退後、併せて顕彰され、2人の永久欠番となっている。