スマートフォン用の表示で見る

ラッフルズ・ホテル

一般

ラッフルズ・ホテル

らっふるずほてる

英文表記:Raffles Hotel

シンガポールを代表する高級シティホテル

東洋一のホテルをめざして、1887年にアルメニアの商人サーキース兄弟によりオープン。シンガポールの繁栄の基礎を築いた東インド会社英国トーマス・ラッフルズにちなんで命名された。

ヨーロッパ上流階級の社交場として栄え、有名人も数知れず滞在したそうだ。中でも、サマセット・モームはこのホテルをこよなく愛し、滞在中に名作を数々書き上げたことで有名。彼のお気に入りの部屋はサマセット・スイートとして、現在も名残を残している。

1942年2月の日本軍によるシンガポール占拠により「昭南旅館」と改名させられ、サマセット・モームが残していったサインなども含む古いホテルの記録をすべて破棄してしまった。