ラドヤード・キプリング

読書

ラドヤード・キプリング

らどやーどきぷりんぐ

ジョセフ・ラドヤード・キプリング(1865 12/30生まれ - 1937 1/18没)。イギリスの作家、詩人インド生まれ。児童文学ジャングル・ブック(1894)、インドのスパイを描いた小説キム(1901)などが有名である。詩や短編にも多くの作品を残した。帝国主義の擁護者でもあり、「白人の重荷 The White Man's Burden」という言い回しを作り、詩にもしている。1907年にノーベル文学賞を受賞、1934年にはGothenburg賞をウィリアム・バトラー・イェーツと共に受賞している。

この記事はWikipediaの以下の一部を参照して翻訳、編集したもの

http://en.wikipedia.org/wiki/Rudyard_Kipling