ラニーニャ現象

サイエンス

ラニーニャ現象

らにーにゃげんしょう

スペイン語:La Niña(ラニーニャ

南米エクアドルからペルー沿岸にかけて*1の海水温が下がる現象(エルニーニョ現象と逆の現象)。

貿易風東風)が強まると、暖かい水が西側にかたよってたまり、より一層雨雲ができやすくなる。一方、東側では、冷たい水の湧き上がりが強まり、海面水温が平年より低くなる。

ラニーニャ現象が起こる時、日本では空梅雨、猛暑渇水、寒冬になると言われている。エルニーニョが終息した反動で発生するケースも多く、エルニーニョ現象ラニーニャ現象が交互に起こることが多い。ラニーニャが発生すると日本では猛暑、寒冬などの異常気象の原因となる。ちなみにラニーニャとはスペイン語で「女の子」という意味である。

*1:東太平洋の赤道付近