ラビン

一般

ラビン

らびん

イツハク・ラビン

(Itzhak Rabin)

イスラエル政治家

イスラエル国防軍司令官を経て

1974〜77、92〜95年にイスラエル首相となる。

PLOヨルダンとの和平推進政策を進め

パレスチナの和平プロセスを主導した。

その後、ペレス外相アラファト議長と共にノーベル平和賞を受賞するが

平和記念式典の最中、ユダヤ人の青年によって暗殺された。