ラファール

一般

ラファール

らふぁーる

[仏] Rafale

ラファールは、フランスダッソー (Dassault Aviation)社で製造された戦闘攻撃機

フランス空軍海軍でマルチロール機として運用されている。当初、フランスはイギリスドイツとの共同開発で欧州戦闘機開発を行っていたが、政治的理由で脱退。その後、単独で開発に着手し、完成させたのが同機である。

機体名称は、フランス語で「疾風、突風」の意味である。

2012年1月31日、ダッソー社はインド空軍に126機を売却することが決まったと発表。総額は約120億ドル。ラファールの輸出はこれが初めてである。126機のうち18機は2012年までに仏から輸出され、残りの108機は一部を除きインド国内で生産されるという。インドは国産戦闘機の開発を進めており、ラファールの生産を通じ軍事技術の獲得も狙っているとみられる。