ラファエル・ベニテス

スポーツ

ラファエル・ベニテス

らふぁえるべにてす

Rafael Benítez  

スペイン人のサッカー監督。1960年4月16日生まれ、マドリード出身。

フルネームは Rafael Benítez Maudes (ラファエルベニテス・マウデス)。

監督歴

1986〜88 : レアル・マドリーCF・カスティージャ・フベニルB

1988〜90 : レアル・マドリーCF・フベニルB

1990〜91 : レアル・マドリーCF・フベニルA

1991〜93 : レアル・マドリーCF・U-19

1993〜05 : レアル・マドリーCF・カスティージャ

1995〜96 : レアル・バジャドリード

1996〜97 : CAオサスナ

1997〜99 : CFエストレマドゥーラ?

2000〜01 : CDテネリフェ

2001〜04 : バレンシアCF

2004〜10 : リヴァプールFCイングランド

2010 : FCインテルナツィオナーレ・ミラノイタリア

2012〜13 : チェルシーFCイングランド監督代行

2013〜 : SSCナポリイタリア

その他

レアル・マドリーCFの下部組織でキャリアを積み、レアル・バジャドリードなど4つのクラブを渡り歩き、2001年よりエクトル・クーペル?からバレンシアCFを引き継いで指揮をとる。2001-02シーズン、就任直後のシーズンで見事リーグ優勝を果たし、2003-04シーズンではリーグ優勝UEFAカップ優勝の二冠を果たすが、直後辞任し、2004-05シーズンはイングランドプレミアリーグリヴァプールFCで指揮をとる。

リヴァプールFCでは、就任初年度の2004-05シーズンにクラブを21シーズンぶりのUEFAチャンピオンズリーグ優勝に導くが、その一方、プレミアリーグでは5位の成績に終わり、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃す(その後特例により、2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは、予備予選1回戦からという扱いで出場権を獲得)。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで決勝進出を果たしたが、ACミランに敗れタイトル獲得には至らなかった。

2009-10シーズン終了後リヴァプールFC監督を退任し、ジョゼ・モウリーニョの後任としてFCインテルナツィオナーレ・ミラノの監督に就任した。しかし、FIFAクラブワールドカップを制した直後の同年12月23日、FCインテルナツィオナーレ・ミラノを退団する。