スマートフォン用の表示で見る

ラフマニノフ

音楽

ラフマニノフ

らふまにのふ

Сергей Васильевич Рахманинов

概要

  • ロシア出身の作曲家ピアニスト指揮者
  • 名前の表記は国によって異なり、欧米ではSergei Rachmaninoffと名乗った。
  • 生没年月日:1873.4.1(ロシア旧暦では1873.3.20) オネーグ(ロシア)− 1943.3.28 ビバリーヒルズ(米)
  • ロシア革命のため1918年にアメリカに移住し、そこで死去。
  • チャイコフスキーの流れを継いだロシア音楽の保守本流
  • 鬱病であったが、主治医ニコライ・ダールによる精神療法を受けた後に作曲した「ピアノ協奏曲第2番」で人気は不動のものとなった。
  • その甘美で感傷的なメロディはハリウッド映画音楽の先駆となり、映画「逢びき」や「七年目の浮気?」から最近は「シャイン」から日本のTVシリーズ「妹よ?」、「のだめカンタービレ」などにまで使われている。
  • 聴くと何やらきれいで切ない音楽がローローと流れる美しさだが、弾くとなるととてつもなく難しく、分厚い和音がこれでもかと連続する。
  • 本人自身がきわめて優れたピアニストであり、最近ではその演奏録音も盛んに復刻されている。
  • マルファン症候群という病気を持っていたと言われ、それゆえに指先が異常に長く異常にしなやかだったという説もある。そんな人が自分が演奏するためにつくった曲なのだから、通常の手の持ち主に難しいのは当然ともいえる。

年譜

主な作品

管弦楽曲

室内楽曲

ピアノ曲

歌劇

  • 「アレコ」
  • 「けちな騎士」
  • 「フランチェスカ・ダ・リミニ」

歌曲

  • 6つの歌曲 作品4
  • 6つの歌曲 作品8
  • 12の歌曲 作品14 −第11曲「春の流れ」
  • 12の歌曲 作品21 −第8曲「まひわの死に際して」
  • 15の歌曲 作品26
  • 14の歌曲 作品34 −第1曲「ミューズ」、第14曲「ヴォカリーズ」
  • 6つの歌曲 作品38

合唱曲