スマートフォン用の表示で見る

ラボ教育センター

一般

ラボ教育センター

らぼきょういくせんたー

谷川雁が創設した多言語体験型の民間語学教育組織。

「ことばがこどもの未来をつくる」を合言葉にし、パーティと呼ばれるグループ活動を全国に展開する。現在約6万人(公称)の会員(幼児〜大学生)を擁す。

世界各国の名作物語を英語・日本語の組み合わせを中心とした多言語で吹き込まれた物語テープ(のち、CD)を題材とし、セリフやナレーションを覚え、そこに動き(演劇的要素)を付け加えて発表するテーマ活動をメインに英語の習得を目指す。

ラボ(LABO)の由来は、Language Labolatory(言葉の研究室)から。

ラボ(LABO)に在籍する会員の事を基本的に「ラボっ子」(LABOっ子)と呼ぶ。

ラボ教育センターの沿革

1966年

東京イングリッシュセンターを母胎に発足

「ことばがこどもの未来をつくる」「5歳から英語をはじめましょう」

母語習得の自然に出来るだけ近い形での英語教育をめざした。

英語の音、リズムを大切に幼児からの活動「ラボ・パーティ」を開始。

1969年

ラボ・ライブラリー第一巻 The Thunder Boy 完成、発刊

物語の持つことばの教育力、表現活動が持つことばの教育力を再評価

1971年

ラボサマーキャンプ第1回(その後冬、春のキャンプも実施)

1972年

アメリカとのホームステイ交流開始

1973年

外務省所管 財団法人ラボ国際交流センター設立

「こどもの英語教室ラボ・パーティ」から「世界と結ぶこどもの交流組織ラボ・パーティ」と名称変更

現在は幼児から社会人まで全国60,000人の会員組織と成長してきました。

国際交流はカナダオーストラリア中国メキシコイギリスとの交流が加わり交流を積み重ねています。留学プログラムも1988年に始まりました。今までにラボ国際交流に参加した数は40,000名を超えます。

その他

1979年ライブラリー「国生み」発刊をめぐる混乱を機に三団体に分裂。創業者の榊原陽と谷川雁はともにラボを去り、「ヒッポ・ファミリークラブ」、「ものがたり文化の会(十代の会)」を結成して、それぞれ独自にラボで育てた活動の継承・発展を目指した。