スマートフォン用の表示で見る

ラモン・ディアス

スポーツ

ラモン・ディアス

らもんでぃあす

Ramón Díaz

アルゼンチン代表歴のある元サッカー選手で、現在は指導者

プロフィール

フルネーム : Ramón Angel Díaz (ラモン・アンヘル・ディアス

生年月日 : 1959年8月29日

出身地 : La Rioja, Provincia de La Rioja (ラ・リオハラ・リオハ州アルゼンチン

ポジション : センターフォワード

経歴など

1979年ワールドユース日本大会でディエゴ・マラドーナとともに優勝に大きく貢献、自身も得点王を獲得した。だが1982年FIFAワールドカップには出場したが、ディエゴ・マラドーナとの不仲により以後代表としての出場はない。

1982年CAリーベル・プレートからイタリアへ渡り、SSCナポリUSアヴェッリーノACフィオレンティーナと渡り歩いてFCインテルナツィオナーレ・ミラノセリエA優勝に貢献した。フランスのASモナコFCに渡った後、再度母国に帰ったが、1993年、Jリーグ開幕とともに来日。ダビド・ビスコンティグスタボ・サパタらを率いて横浜マリノスを牽引。自らも28ゴールをあげて、Jリーグ初代得点王となった。在籍3シーズンの記録は75試合出場で52得点。

1995年に帰国してCAリーベル・プレートの監督となり、1996年リベルタドーレス杯で優勝しトヨタカップにて来日。1996-97前期および後期、1997-98前期、1999-00前期および後期のリーグ優勝を果たし、リーベル黄金時代を築いた。その後もCAリーベル・プレートの成績が低迷するとファンからは再任が熱望されていた。