ラリー・ドビー

Lawrence Eugene "Larry" Doby

60年代MLBプロ野球中日ドラゴンズの選手。

右投左打、ポジションは内野手背番号は14→7番。

1923年12月13日生まれ。米国サウスカロライナ州出身。

メジャーリーグ史上2番目、アメリカン・リーグ初の黒人選手として知られる。

1962年、初代サイ・ヤング賞投手ドン・ニューカムと共に来日し、中日ドラゴンズに入団。

年齢的な衰えもあり、全盛期の力は出せなかった。

同年、退団。


1968年シカゴ・ホワイトソックスの監督に就任。同年、退団。

1994年、背番号14番インディアンズ永久欠番となる。

1998年、米国野球殿堂入り。

2003年6月18日、米国ニュージャージー州の自宅で逝去。


日本プロ野球界に在籍したMLB選手で、唯一永久欠番の栄誉を受けている。