ラリマー

ラリマー

(一般)
らりまー

ラリマー(Larimar)は、鉱物の一種。

一般的内容

  • 主にドミニカ共和国で産出される、青色系のペクトライト(曹珪灰石・Pectolite)の現地名。ブルーペクトライト。
  • 一般的に流通しているものは、高品質のものは美しい水色や空色で、低品質のものは白色や灰色に近くなる。
  • パワーストーンとして高い評価を受けている。

来歴

  • 1974年に新しい鉱物として認定された。
  • パワーストーンとしては、トップクラスの石と言われている。「愛護と平和」の石とされ、三大ヒーリングストーン*1の1つとされている。

鉱物として

  • 色:青〜水色や空色〜白や灰色
  • モース硬度:4.5.〜5
  • 結晶系:三斜晶系、柱状〜針状の放射状集合体・繊維状・塊状
  • 化学組成(代表):NaCa2Si3O8(OH)

*1:スギライト・チャロアイト・ラリマー

新着ブログ: ラリマー