ランケ

社会

ランケ

らんけ

ドイツ歴史家 1795年〜1886年

厳密な史料批判と客観的科学の実証主義により、19世紀を「歴史の世紀」と謂わしめるまでの隆盛を誇った。

“それは事実いかにあったのか?”との生活実感にまで及ぶ探及で、近代歴史学の創始といえる。

万国史・列国史でない『世界史』が主著(但し15Cまでで未完)。

同じドイツのドロイゼン(1808年〜1884年)やトライチケ?1834年1896年)に受け継がれる。

また、ドイツ国外のギゾー(仏、1787年〜1874年)やマコーレー?(英、1800年〜1859年)にも影響したし、歴史法学のサヴィニー(独、1779年〜1861年)にもその民俗学法学を想い着かせた。