スマートフォン用の表示で見る

ランチェスターの法則

一般

ランチェスターの法則

らんちぇすたーのほうそく

ランチェスターの法則は、英国フレデリック・ウィリアム・ランチェスター第一次大戦における航空戦の損害率を数学的に分析し、簡潔な数式によって戦闘を計算できることを発見した法則。第一法則と第二法則のふたつがある。

その後、「ランチェスター戦略」として、営業戦略やマーケティング戦略など、企業戦略にも活用されるようになり、現在ではマーケティング用語として広く知られている。

第一法則

「一騎打ちの法則」とも呼ばれ、戦闘が1対1である場合、戦闘力は、武器効率と兵力数の積となる。つまり、武器効率が同じであれば、損害量は兵力数に比例することになり、生き残る兵力数は損害量の差となる。

第二法則

「集中効果の法則」とも呼ばれ、戦闘が集団対集団である場合、戦闘力は、武器効率と兵力数の二乗の積になる。つまり、武器効率が同じであれば、損害量は相手の兵力数の二乗に比例することとなり、生き残る兵力数は、損害量の差の平方根となる。