スマートフォン用の表示で見る

ランディ・クートゥア

スポーツ

ランディ・クートゥア

らんでぃくーとぅあ

総合格闘技選手。

UFCヘビー級王者・元UFCライトヘビー級王者。

ニックネームは「ザ・ナチュラル」。

経歴

米国出身。

1997年プロデビュー。

1997年12月、モーリス・スミス?を下してUFCヘビー級王座を獲得。その後王座を退くが、2000年11月、王者ケビン・ランデルマンを下して王座返り咲き。防衛戦ではペドロ・ヒーゾを退けた。

2002年3月、ジョシュ・バーネットに敗退し、王座陥落。バーネットの王座剥奪後、リコ・ロドリゲス?との王座決定戦にも破れる。40歳間近という年齢から限界説を囁かれていた。

しかし、ライトヘビー級に階級を落とし現役続行。2003年6月、チャック・リデルとのUFCライトヘビー級暫定王者決定戦に挑み、見事TKO勝利。2003年9月、正王者ティト・オーティズを下してUFCライトヘビー級王座を獲得。UFC初の2階級制覇を達成する。40歳を超えてなお衰えを知らないその強さは、敬意を込めて「鉄人」「最強のハゲオヤジ」などと称えられた。

2004年1月、ビクトー・ベウフォートと対戦するが、開始直後にカットされてTKO負け。2004年6月、ベウフォートに挑戦してTKO勝利をおさめ王座返り咲き。

2005年4月、リデルとの再戦に敗北し、王座を失う。2006年4月、リデルとのラバーマッチに臨むがKO負け。試合直後オクタゴン内で行われたインタビューで引退を表明した。

MMA生涯成績14勝8敗。