ランドマークライト

アート

ランドマークライト

らんどまーくらいと

東京タワーランドマークライトダイヤモンドヴェールの2種類あるライトアップのうちの古い方。

照明デザイナー石井幹子がデザインを手がけ、鉄塔の輪郭を電球の光で縁取るだけだった東京タワーの照明を、100機以上の投光器で鉄塔の骨組みを浮かび上がらせるという斬新な手法を採用したほか、日本らしい季節の変化を意識し、夏と冬で異なるライトアップを実施。

1987年には年間200万人台に落ち込んでいた来場者数も、新ライトアップ以降の1989年には380万人に回復した。

仕様

使用ライト数: 176 台(全て投光器 2008年12月1日から4 器増加で180 台)

デザイン: 石井幹子

点灯開始日: 1989 年1 月1 日〜 【毎日点灯】

点灯時間: 日没から午前0 時まで

※但しダイヤモンドヴェール点灯時は、ランドマークライトは消灯します。