リーゼ・マイトナー

女性科学者

略歴

1879年ドイツフランクフルトに生まれる。

1904年、イギリスに渡り、ウィリアム・ラムゼイ教授に弟子入りする。これがラジウム放射能に取り組むきっかけになる。

1906年ドイツに戻り、ベルリン大学で研究に携わる。ここで30年以上研究パートナーとなるリーゼ・マイトナーと出会う。

1912年、リーゼとともにヴィルヘルム研究所へ入所。

1913年、エディス・ユングハウスと結婚。

1914年第一次世界大戦勃発。ハーンも戦場に駆り出され、毒ガス部隊を指揮する。

1938年7月、ナチスの台頭により、リーゼ・マイトナードイツを去る。12月、ウラン核分裂を発見する。

1944年、ノーベル賞を受賞。

1945年、マックス・プランク協会の初代総裁に就任。

1968年、没。