スマートフォン用の表示で見る

リートフェルト

キーワードの候補

2件

アート

リートフェルト

りーとふぇると

Gerrit Thomas Rietveld(ヘリット・トーマス・リートフェルト 1888−1964オランダ)

建築家・家具制作者。父親の元で家具制作の修練を積んだ後、自身の工房を開き、家具制作のかたわらユトレヒト建築を学ぶ。ドゥースブルフや画家のモンドリアンとともに近代において最も純粋な造形思考を確立した芸術運動と評価される「デ・スティル」の中心人物の一人。

1918年の作品「レッド&ブルー」は、「デ・スティル」誌に発表されるや、明晰な色、面と線で文節した構造、開かれた空間創造など「デ・スティル」が理想とした美学のすべてを実践した作品としてセンセーションを呼ぶ。1924年、さらにその考え方を建築適用し「シュローダー邸」を完成。1928年CIAM(近代建築国際会議)創設に参画。その後、大戦中創作活動を阻害される時期もあったが、1950年頃から公共建築物を多く建造。1963年、オランダ建築家協会名誉会長。1964年、デルフト工科大学の名誉博士号を授与される。同年6月25日、ユトレヒトのシュローダー邸にて永眠。

アート

リートフェルト

りーとふぇると

オランダ建築家。デ-ステイル運動のメンバー。


父の家具工場で働いたのち,生地ユトレヒトで家具工場を経営し,家具デザイナーとして簡素な機能性を追求。

のち建築に移り,1919年デ・ステイルのグループに参加,厳格な幾何学的構成原理を建築適用した。