スマートフォン用の表示で見る

リアプロ

一般

リアプロ

りあぷろ

リアプロジェクションテレビの略。リアプロテレビとも。画面の後方から映像を投影してスクリーンに映し出す方式のためこう呼ばれる。

以前は『暗い』『画面がにじむ』などのイメージがあったが、現在は技術革新によりそれらの欠点はかなり解消され、薄く軽くなり、条件次第では液晶やプラズマといった他方式の大画面テレビをも凌ぐ画質のモデルも販売されるようになった。また、その仕組み上、非常に大画面のものから小さなものまで同仕様の小型ユニットで対応できるため、安価に大画面化できるとされる。しかし近年のプラズマテレビ液晶テレビの価格下落に対してその優位性が失われつつあるとの見方もある。各メーカーの報道資料等によると、現在抱えている欠点である上下視野角の狭さ・電源投入時の出画の遅さ・本体の厚み・ランプ寿命などは2007年以降順次解決される模様である。

現在リアプロを製造販売している日本メーカーは日本ビクターソニー松下電器産業エプソン三菱電機の5社。松下電器産業は海外市場のみ商品展開をしている。

欧米等海外では大画面テレビ市場のリアプロの占めるシェアはかなり高く、人気が高いことが伺える。しかし液晶、プラズマの猛追に対して画質やコストパフォーマンスでの優位性をアピールできるかが今後の注目点となる。